自然でたっぷり遊ぶ活動

京都の中心部御池通りのビルが多い街中にある当園だからこそ、日頃からより自然を意識した活動に取り組んでいます。
 
普段遊ぶ園庭には果実の実る木が沢山あり、春のサクランボをはじめ、ザクロやキウイ、みかんなど、その季節にできた果実をその時に味わっています。また園庭の一角にはビオトープもあり、メダカやカエル、ヤゴやエビが棲んでいます。外からも鳥や蝶々、様々な生き物もやってきて、園庭は生き物の宝庫。夏のあそびの一番人気はセミ捕り。
 
そして子どもたちが自然に遊びの中で基礎体力やバランス感覚を養えるよう、園庭に起伏を作り、適宜砂をいれたり、落ち葉を敷いたり、遊びの環境の工夫をしています。
 
また山や川など自然への園外保育にも沢山行っています。